都会に出没する野生動物|危険なイタチ駆除はプロに任せる

侵入を防ぐことが大事

鳩

年々被害報告が増えてきている動物がいます。それは鳩です。鳩による被害件数が増加している理由としては、住処を失ってきているからだといえます。従来は森や雑木林の木の枝に巣を作って生活をしているのですが、近年は住宅の屋根やベランダなどを住処にしているようです。特に子育てのシーズンになると人間の生活空間に近い場所に巣を作るのです。鳩には多くの天敵がいます。猫やカラスなどが上げられます。そういった動物は人間に対して警戒心を持っていることが多いので、人間に近づいてこないでしょう。鳩はそういったことを理解しているのです。人間の生活の空間に近ければ天敵に狙われることがないのでベランダなどに身を隠して巣を作ります。巣を作られると大変困ってしまいます。糞尿被害による悪臭や、建物の劣化が激しくなるのです。新築の住居でも巣にされてしまうと汚れてしまい、古い建物に見えてしまいます。そういった被害が生まれないように、予め対策を練っておきましょう。一番効果的なのはベランダに侵入防止の網を設置することです。侵入を防ぐことによって快適な場所ではないと認知させることができます。素人が対策すると、隙間などから侵入を許してしまうことがあるので、対策は専門の業者に依頼をすると良いでしょう。多くの対策実績を持っている業者もあるので、確実に侵入を防ぐことができます。しっかりと対策をしたい方は一度業者に問い合わせてみましょう。網で侵入を防ぐ対策以外にも様々な方法があります。住宅にあった方法を取ることができるので安心です。